優良な保険相談サービスは口コミサイトで見つかる!

婦人

普通の自動車保険との違い

女性

追加費用で自車両の補償も

「友人の車で旅行に行くときに、運転する予定だけれど、保険をどうしたらよいかわからない」そういった時に便利なのが「1日保険」です。その名の通り、「1日」から入ることができるのが特徴の自動車保険で、一時的な車の利用の際に気軽に入ることができるのが特徴です。では、具体的に1日保険と、通常の自動車保険ではどういった補償内容の違いがあるのでしょうか。1日保険の補償範囲は、事故の時に相手方を死傷させてしまった場合の対人賠償保険、そして車やモノの補償である対物賠償保険は賠償額が無制限に設定されています。これは通常の自動車保険と同じです。保険会社によっては対物賠償保険の特約として、「対物超過修理費用特約」というものも付帯されていることがあります。また、自分や自分側の車に乗っていた人に対する怪我の補償である搭乗者傷害保険や、自損事故の怪我の場合の自損傷害保険も、通常の自動車保険と同じ点です。1日保険の特徴としては、自分が運転している側の車に対する「車両保険」が無いことです。万が一、事故で借りていた車を破損させてしまった場合は対象外となってしまうので、もともとその車にかけている自動車保険を使用するか、自己負担をする必要があります。そんな場合でも、1日保険でも追加料金を支払うことによって「車両保険」を付帯できるプランがあります。気をつけなければならないのは、自己負担額(免責金額)の設定があることとや、加入したい日より一定期間前から申し込まなければならないことです。また、通常の自動車保険は使用することによって、保険等級が下がって保険料が上がってしまいますが、1日保険では等級は適用されないため、その心配がないことも大きな特徴です。